×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファンケル グルコサミン&コンドロイチン

イメージ左
ファンケル カロリミットCM

ファンケル グルコサミン&コンドロイチン

健康食品を扱う会社の中で最大規模なのがファンケルです。

無添加化粧品をいち早く世に広めたファンケルが販売するグルコサミンが 楽のび です。

ファンケル 楽のび 主要成分

1日6粒で、主要成分はグルコサミン 1200r、コンドロイチン120r、キャッツクロー60r、U型コラーゲン500μgとなっています。


関節の軟骨の素になるといわれるグルコサミンは1200rと少々少なめ。一般的にグルコサミンの推奨摂取量は1500rといわれています。

お値段は1ヶ月分が2千円台となっておりお求めやすい価格です。

こちら ファンケル グルコサミン&コンドロイチン

ファンケル と 小林製薬のグルコサミン比較

キーワードを含め紹介(右より画像)
小林製薬 CM

小林製薬 グルコサミン&コラーゲン 

「あったらいいな!」 のCMでおなじみ 小林製薬

命の母A、のどぬーるスプレー、アイボン、除菌タフデント、熱さまシート、消臭元などの製品を送り出している小林製薬の健康食品の中で一番売れているのが グルコサミン&コラーゲン

小林製薬 グルコサミン&コラーゲン 販売累計150万袋突破!

1日8粒で主要成分はグルコサミン1760r、ビタミンC 20r、コラーゲン26rとなっています。

グルコサミンの量が1760rとたっぷりあり、1日の推奨摂取量1500rを満たしています。

お値段は1ヶ月分が2千円台で、ファンケルのグルコサミンと全く同じです。

ファンケルは注文金額が3000円未満だと送料がかかりますが、小林製薬は1品から送料無料です。

ファンケル と 小林製薬

キーワードを含め紹介(左より画像)

小林製薬 と ファンケル 会社比較

小林製薬は東証1部上場、売上規模 約1200億円。ファンケルは、同じく東証1部上場、売上規模 約990億円。両社ともほぼ同じ規模の会社です。健康食品を扱っている会社は中小企業が多いですが、この両社は知名度があり品質も問題ないと思われます。


キーワードを含め紹介(左より画像)

健康食品は成分が似ていても、体への吸収は人それぞれ。飲んでみないとどれが自分にあうのかわかりません。

ファンケルと小林製薬のグルコサミンを飲み比べてみてはいかがですか?


小林製薬 グルコサミン&コラーゲン 1ヶ月分 2625円

ファンケル グルコサミン 1ヶ月分 2625円


ファンケルグルコサミンにはお試しサンプルがないので、グルコサミンがはじめての方は、他社のグルコサミンサンプルを試してみるといいですよ。

下記のレポートが参考になります。


キーワードを含め紹介(右より画像)
キーワードを含め紹介(右より画像)

ファンケルのグルコサミンを購入しようと検討している方はきっと、ファンケルの大ファンではないでしょうか。ファンケルは健康食品会社の中で最大規模です。東証1部上場ということもあり、ファンケル製品に対する安心感もバツグン。ファンケルの取り扱い製品は化粧品、健康食品、発芽米、青汁など多岐にわたります。ところで、ファンケルのグルコサミンってあまり聞かない名前ですよね。 膝や肘の関節の痛みに効くといわれるグルコサミンサプリメントは各社から発売されています。グルコサミンサプリメントを扱っている会社はファンケルのような大企業から小規模の健康食品会社までさまざまです。そのなかで、ファンケルのように上場していて知名度がある会社といえば小林製薬です。「あったらいいな」の小林製薬のCMが良く流れていますね。小林製薬のグルコサミンは発売以来150万個を売り上げるヒット商品です。ファンケルのグルコサミンの購入を考えているなら、小林製薬のグルコサミンと比較してみるといいと思いますよ。

Copyright © ファンケル グルコサミンと小林製薬 どちらを選ぶ? All rights reserved